少年 時代 歌詞。 井上陽水の少年時代に込められた歌詞の意味とは!?

時代 歌詞 少年 時代 歌詞 少年

井上陽水は歌詞上で夢とは、思い出の延長線上にあるものと考えており、夢は想い出の一つとしている。 しかし、これまでの造語とは異なり解釈は容易である。

時代 歌詞 少年 時代 歌詞 少年

このことを出発点に歌詞を解釈し、これら造語の意味を追求していく。

13
時代 歌詞 少年 時代 歌詞 少年

井上陽水がインタビューで「響きのよさで作った言葉で、意味ないんだよ。

10
時代 歌詞 少年 時代 歌詞 少年

そして、「八月は夢花火」である。 では、「宵かがり」の意味はというと、宵とかがりで分解して考えると分かりやすい。 夢花火もおそらく井上陽水の造語であろう。

19
時代 歌詞 少年 時代 歌詞 少年

。 聴き手側の少年時代の楽しかった日々を想像させるような言葉でもあるのだ。 意外なことに、発売当初はオリコンの週間シングルチャートでも最高20位程度であったが、1991年にソニーのハンディカムCCD-TR105でCM曲に採用されたことにより、最高4位まで上り詰めた。

時代 歌詞 少年 時代 歌詞 少年

このように、井上陽水は造語を使って歌いやすくかつ記憶に残りやすい言葉を用いているのだ。 実際にアザミの開花期は4月~7月であり、この曲の背景と一致している。 しかし、あとさきという言葉の意味がよく分からなければ、ここで井上陽水が言っていることの解釈は不可能だろう。

18