コピス ガーデン。 カメラマンが訪ねた感動の花の庭。栃木県那須町「コピスガーデン」

ガーデン コピス ガーデン コピス

熱心なガーデナーなら、ここでじっくり吟味してみるのも一興です。

ガーデン コピス ガーデン コピス

ということは……。 デビットオースチンを始め、海外の有名ナーセリーや日本のナーセリーも京成バラ園など、育種会社別にならんでいました。

10
ガーデン コピス ガーデン コピス

開花に合わせて全国各地を飛び回り、バラが最も美しい姿に咲くときを素直にとらえて表現。 随分あったのですが、広さの都合で3本だけ残っています。 カフェはオープンテラスになっていて、ガーデンを眺めらるようになっています。

10
ガーデン コピス ガーデン コピス

ヨーロッパからの輸入バラだと、カニナという西洋野ばらの台木を使用してますから、根頭癌腫病などが無ければ数十年は持つといわれています。 しかし当のメイアンはまったく知らず、アメリカに行ってピースが沢山植えられていてとても感動したそうです。 フランスの名門バラ育種会社「Guillot(ギヨー)」や、河合伸志先生の禅ローズ等、バラの取り扱い品種は 800品種を超えます。

8
ガーデン コピス ガーデン コピス

「コピスガーデン」では、予約制でワークショップも行っています。 大好きな木です。 今までは、なかなかこれといった園芸店が那須にはありませんでしたが、ようやくコピスガーデン(雑木林という意味だそうです)という本格的なお店ができました。

9
ガーデン コピス ガーデン コピス

外の苗売り場では花苗もご用意しております。