復習 を 誓っ た 白 猫 は 竜王 の 膝 の 上 で 惰眠 を むさぼる。 【完結済】【電子限定版】復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 1

た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ

あなたのその金の髪と青い瞳、予言書にある巫女姫に違い御座いません」 神官の中でも高位と思われる、今にも天に召されそうなよぼよぼの老人の言葉に、瑠璃はギクリと表情を強張らせた。 瑠璃の肩に止まっていたり、頭に髪飾りよろしく掴まっていたり。

た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ

本当は染める方が楽で良いのだが、母譲りの綺麗な髪が傷むのは許せなかったので、かつらにした。 笑顔であさひに挨拶する四人は、瑠璃も知る中学校の同級生で、彼等はあさひの隣に瑠璃が居るのを見ると、分かり易く嫌そうに表情を歪める。

15
た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ

瑠璃はそおっとドアの扉を開け左右を確認する。 イケメン竜王はもふもふが好き! 竜王は若くて漆黒の髪に吸いこまれそうな深い緑の瞳をした超絶美形でしたが、どこかで会ったような気がするルリでした。 「あの、ありがとう……ございます……。

4
た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ

あさひの短大が近づいて来ると、男三人と女一人の四人組がこちらへ向かってくる。

20
た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ

まあ、良いんだけどね、ここで誘拐だろって叫んでも何にもならないし………。 「おい、またお前か」 「あさひちゃんは優しいから放っておけないんだろうけど、こんな子に構う事無いわよ」 「皆、瑠璃ちゃんは親友なんだからそんな事言わないで」 いやいや、いつ誰が誰の親友になったんだ。 「よし、いないわね」 あさひが居ない事を確認した瑠璃は鬼気迫る勢いで家を飛び出した。

20
た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ

私も読む前はどんなに可愛い白猫を愛でられるんだろうとワクワクしていたので、 ちょっとそこは満たされなかった部分でもあります。

16
た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ た 復習 は で むさぼる 上 を 惰眠 猫 の を 竜王 膝 白 の 誓っ

私立に行けば良かったと後悔したのは中学校の入学式。 今は茶色のかつらと、容姿を隠す為の眼鏡と母直伝のメイク術で地味なその他大勢、配役で言えば脇役の女Aだ。

12