ユーゴスラビア 内戦。 「サラエボの花」戦争とレイプ 妊娠した被害女性の愛と憎しみ: J

内戦 ユーゴスラビア 内戦 ユーゴスラビア

(1981年5月15日 - 1982年5月15日)• また、セルビア人勢力による人質作戦への対応のため、NATOは国連保護軍の保護を目的とする緊急対応部隊を設立した。 そこで、その点についてここで少し触れておきたい。

2
内戦 ユーゴスラビア 内戦 ユーゴスラビア

ステヴァン・ドロニスキ(ヴォイヴォディナ出身、1980年5月4日 - 1980年10月20日)• 二つ目の「非同盟主義」について言えば、これは一九四八年のコミンフォルムからの除名を契機に、小国ユーゴが対ソ自立外交を行なうために、冷戦期の東西両陣営のいずれにも属さす、いずれにも加担しない「積極的平和共存」を標榜する政策である。

5
内戦 ユーゴスラビア 内戦 ユーゴスラビア

(Vrbaska banovina)• だが1917年になると戦況は逆転し、ギリシア領内で再編されたセルビア軍はフランス軍とともに進撃、ブルガリア軍を破って国土を解放した。

19
内戦 ユーゴスラビア 内戦 ユーゴスラビア

冷戦後の国際社会において、その紛争解決能力への期待が大いに膨む中、国連は「紛争解決者」としての新たな役割を果たすために必要とされる新たな投資を欠いたまま、従来の能力や資力だけで孤軍奮闘を余儀なくされていたのであった。

6
内戦 ユーゴスラビア 内戦 ユーゴスラビア

イスラムへの改宗を拒むセルビア人の多くが故郷を離れた後、この地には大量のアルバニア人が移住してきた。 この一連の動きが、クロアチア領内に居住する約六〇万のセルビア人に、「ウスタシャ政権」の再来ではないか、という強い恐怖と危惧を呼び起こすことになった。

内戦 ユーゴスラビア 内戦 ユーゴスラビア

一方、セルビア人勢力とクロアチア人勢力の間では、クロアチア軍と連携したクロアチア人勢力が優勢であった。