アルヴァ アアルト。 建築家 アルヴァ・アアルトを知ろう! 夏の家/マイレア邸など

アアルト アルヴァ アアルト アルヴァ

(ちなみに「アールト」はフィンランド語で「波」を意味する)これをさらに押し進めたのがフィンランド館(1937年)、フィンランド館(1939年)のうねる壁面や、マイレア邸での木材の使用であり、同時期にデザインされたアールト・ベースである。

4
アアルト アルヴァ アアルト アルヴァ

また館内にはミュージアムショップやカフェもあります。 20世紀を代表する建築家であり、また同時期の建築家と同様に都市計画家であり、デザイナーとしての側面も持っています。 建築は家具と補完し合うものと考えていたアルヴァ・アアルトは、自身が設計した建築に合わせておのずと家具のデザインも手掛けることになります。

18
アアルト アルヴァ アアルト アルヴァ

冬の日照時間が短いフィンランドでも、暮らしに少しでも灯りを取り入れるために、アアルトは光そのものをデザインしているのです。

14
アアルト アルヴァ アアルト アルヴァ

代表作の1つなので、アアルトの夏の家と同じ時に是非見にいきましょう!• 設計の観点から見ると、それは、周囲の景観を損なうことなく、そっと歩くということを意味します。 設計の仕事は時に何年もかかります。 つまり、世界中へ何度も打ち合わせに出かけていたことになります。

2
アアルト アルヴァ アアルト アルヴァ

アアルト夫妻がつくり、育んだのは、自分たちの家と庭だけではありません。

6
アアルト アルヴァ アアルト アルヴァ

アアルトの建築や家具が、愛され続けている理由は、 その思いが、次世代に繋がっているからなのかもしれません。 中庭の広がるリビングには、アイノが好きだったというゼブラ柄のファブリックの タンクチェア(アームチェア400)とソファが並び、ポール・ヘニングセン(Poul Henningsen)がデザインしたピアノの上には、彼女の写真が飾られています。

6
アアルト アルヴァ アアルト アルヴァ

細部に至るまで細やかな配慮を重ねました。 アルヴァ・アアルトは、 「 建築芸術は、いわゆる事務所的な環境では生まれない。 その多くは親しい友人や家族ぐるみの付き合いになりました。

6
アアルト アルヴァ アアルト アルヴァ

2020. 白ペンキのレンガに、ダークブラウンの木板張りの2層の外壁。 所要時間は約40分。 マイレア邸。

5