三国志 14 評価。 『三國志14』神ゲー?クソゲー?その評判や感想

14 評価 三国志 14 評価 三国志

土地ごとに細かく区切られており、1つ1つの土地を奪い合います。 筆者も『三國志13』を予約購入していましたが、たしかに不満点は多かったです。

2
14 評価 三国志 14 評価 三国志

結局のところ、負けた敵将が無傷だからこういう現象が起きてしまいます。 なんか。 好きなものからのほうが多面的にもじっくりねっぷり学べるからね。

14 評価 三国志 14 評価 三国志

武将プレイは初心者にやさしいシステムなのです。 また、この個性はメリットもあればデメリットもあるため、能力値は強いけど個性のせいで使いづらいといった武将も存在するようになりました。 どちらもチマチマと国を発展させていくタイプの歴史シミュレーションゲームです。

16
14 評価 三国志 14 評価 三国志

先述したように三國志14は完成度も高く、個人的にはよい作品だと思っていますが、当然いまいちだと感じる部分もありました。 資金を追加で渡しているので、それなりの効果を発揮してほしいという思いとともに、追加提案してくれたことを実行させると本来の業務に支障をきたすというのはなんかなぁ…という印象がありました。

19
14 評価 三国志 14 評価 三国志

自分の部隊や太守となっている拠点にて「挑発」された時の効果時間が長引くというものですが、こうした超有名武将に対してもデメリットのある個性が充てられているのが面白いところ。 この辺りからマップが1枚絵になって戦術&戦略みたいな感じになった。 それと劉備や関羽のイラストが微妙に動いていてちょっと感動です。

5
14 評価 三国志 14 評価 三国志

個人武将プレイもないし(?) ないよね。 色合いなのかデザイン性にも優れていると個人的に感じてやり込んだ記憶があります。

14 評価 三国志 14 評価 三国志

8G WEBゲームのようなシンプルすぎるマップの作品です。 ちなみに私のPCのスペックがGTX970で、いままでほとんどのゲームで推奨スペックを満たしていました。

16