年の功 ことわざ。 【亀の甲より年の功】の意味と使い方の例文(語源・類義語・対義語・英語訳)

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

無駄に鳥居 とりい の数をくぐらぬ:経験を積んだ者の意見は貴重だということ• 自分よりも人生経験が豊かな人の言葉には、なるべく耳を傾けるようにしましょう。

16
ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

亀 かめ の甲 こう より年 とし の功 こう : 長年かけて積んできた経験は貴重であり、価値があるということ 「亀の甲より年の功」の意味を詳しく 「亀の甲より年の功」とは、 「長年かけて積んできた経験は貴重であり、価値があるということ」を意味することわざです。 「未来永劫 みらいえいごう 」といった言葉にも使われています。 基本的にはお年寄りや目上の人を褒め称えたり、敬意を表したりするときに使います。

18
ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

やはり亀の甲より年の功ですね。

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

(^^ゞ ・・・・・・・ ちなみに「亀の甲より年の功」をパソコンで打ったり、辞書を引いたりすると「亀の甲より年の劫」って出ませんか? 「 あれ?Googleさんがまさかの漢字ミス?」 と思うかもしれませんが、実は本来「亀の甲より年の劫」の方が正しかったのです。 【注釈】 亀は万年生きると言われており、それに比べれば人生の八十年程度は短く感じるとしても、年長者の経験から身につけた知恵や技術は貴ぶべきだという意味。

1
ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

円熟した夫婦は、 亀の甲より年の功で、どうすれば夫婦がケンカをせずに仲良くやっていけるか熟知しているものだから、いろいろ聞いてみたら良いだろう。 ご参考になりましたら幸いです。

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

「亀の甲より年の劫」とも書く。 亀の甲より年の功とは「 年長者の積み重ねた経験は貴重な教訓であり、耳を傾けるべきものである」という意味です。 歳月は書物以上にものを知っている まとめ 「亀の甲より年の功」は、年長の人の話は貴重だから、ちゃんと聞くべきだという時に使いますが、これは、若い人にとって、結構、耳の痛い話に聞こえるかもしれません。

3
ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

亀も長生きをする動物として有名ですし、亀の甲羅は占いをする道具として使われてきました。

16
ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

年長者の経験や知恵というのは貴重なものだから尊重するべきである、という意味なのでした! 年をとった、という意味で使うのは間違いなので気を付けたいところです。 「年の功」は元々「年の劫」と書いていたのですが、「劫」とは、仏教が説く時間の中で最も長い概念を意味します。

7