æ˜Ĩ į‰§ 小čĒŦ。 æ˜Ĩį‰§(OL) (はるぞき)ã¨ã¯ã€ãƒ”ã‚¯ã‚ˇãƒ–į™žį§‘äē‹å…¸ã€‘

小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§ 小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§

į”Ÿå‰ãŽįˆļãĢ世話ãĢãĒãŖたというåŊŧ、å¤ĸ枕で「息子ぎéĸ倒をčĻ‹ãĻã‚„ã‚Œã€ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸãŽã§ã€æĸ“å°åą‹ã‚’æ‰‹äŧã„ãĢæĨたというぎです。 ぞずは、ドナマぎįļšããŽãŠčŠąã‹ã‚‰å…Ŧ開しぞすね。 č‡Ēåˆ†ãŒæ‹æ„›å¯žčąĄã¨ã—ãĻčĻ‹ã‚‰ã‚ŒãĒいことをįŸĨり、æœŦåŊ“はé›ĸれたいはずãĒぎãĢ、おうしãĻもé›ĸれられãĒくãĻ一įˇ’ãĢäŊãŋįļšã‘ãĻいるところが、ぞずåĨ気。

20
小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§ 小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§

それがį”ˇã ã‚ã†ã¨åĨŗだろうと、んãĒことはおうでもいい。

7
小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§ 小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§

そぎįĩ„ãŋåˆã‚ã›ãŒä¸­åąąįžŽįŠ‚と唐æ˛ĸå¯ŋ明でもãĒく、木村拓哉と杞たか子でもãĒく、į”ˇã¨į”ˇã¨ã„うことを除けば。 朝į•Ēįĩ„でがå‡ēãĻãĻ、「へええãƒŧīŧã€ã¨æ„Ÿåŋƒã—たぎと同時ãĢ、つるãŖとこんãĒãŠčŠąãŒå‡ēãĻきぞした。

14
小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§ 小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§

そぎ垌、æ˜Ĩį”°ãŒį‰§ã‚’ハグし、į‰§ãŽæ‰‹ãŒã ã‚“だん上ãĢ上がãŖãĻくるぎをčĻ‹ãĻ、 「į‰§æ˜ĨやãŖとキã‚ŋãƒŧãƒŧãƒŧãƒŧãƒŧãƒŧīŧīŧīŧīŧã€ã¨ã€åŽ‰å ĩぎ、やãŖと厉å ĩぎæļ™ã‚’æĩã›ãŸã€‚

4
小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§ 小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§

一åŋœã€ãƒ’ロイãƒŗã¯éƒ¨é•ˇãŽæ–šã‚‰ã—ã„ã‚“ã ã‘ãŠã€ãˆīŧŸ į‰§ã ã‚ˆã­īŧŸ 最垌はį‰§ã¨ããŖつくんだよねīŧŸ じゃãĒきゃį”Ÿãžã‚ŒãĻ初めãĻįˆ†į ´äēˆå‘Šã‚’テãƒŦãƒ“åą€ãĢ送りつけるんじゃねえかãĒãŖãĻč‡Ē分でč‡Ē分がåŋƒé…ãĢãĒるãƒŦベãƒĢでもうį‰§æ˜ĨãŽåš¸ã›ã‚’éĄ˜ã‚ãšãĢはいられãĒい。 åŽļ族ãĒんだよ。

13
小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§ 小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§

「喉į—›ããĒいīŧŸ čœ‚čœœæš¯äŊœãŖãĻあげようかīŧŸ 頭はīŧŸ č–ŦéŖ˛ã‚€īŧŸ čēĢäŊ“æ°—æŒãĄæ‚ĒくãĒいīŧŸ 拭いãĻやるよ」 īŧˆã‚ああああ、すãŖかりæ˜Ĩį”°ã•ã‚“が、 äŋēぎį†ąå‡ēã—æ™‚ãŽã‚šãƒšã‚ˇãƒŖãƒĒ゚トãĢīŧīŧ‰ äŋēは旊速åŊŧぎč‡Ē厤ぎベッドãĢ寝かされ、おでこãĢį†ąå†ˇãžã—į”¨ãŽã‚ˇãƒŧトをč˛ŧられãĻいる。

小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§ 小čĒŦ æ˜Ĩ į‰§

į‰§æ˜Ĩ洞ぎäēēãĢとãŖãĻæ˜Ĩį‰§ãŽčŠąã¯åœ°é›ˇãŽå ´åˆã‚‚あるぎで、æŗ¨æ„ãŒåŋ…čĻã§ã™ã€‚ そしãĻæ˜Ĩį”°ãŽã€ŒãŠã‹ãˆã‚Šã€ もうæ˜Ĩį”°ã¯č‡Ē分č‡ĒčēĢぎåŋƒã‹ã‚‰ã‚‚、į‰§ã‹ã‚‰ã‚‚逃げãĒかãŖたぎだ。 ãĄãĒãŋãĢäģŠã€æ˜Ĩį”°ã•ã‚“は外回り中でį¤žãĢいãĒい。

3