エバンゲリオン 解説。 新世紀エヴァンゲリオン

解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

考察5:エヴァンゲリオンが動く仕組み エヴァンゲリオンがなぜ動くのか。 エントリープラグ エヴァンゲリオンのパイロットが乗るエヴァの操縦席(コックピット)です。 (聖書では、アダムとイブが禁断の果実(知恵の実)を食べたことが、人類の原罪とされている。

9
解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

アダム由来の使徒と由来の使徒は、共存できないようにプログラムされてます。

20
解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

クラスメイト シンジ君の通う学校のクラスメイトも少しだけ紹介します。 ただし、使徒がサードインパクトを引き起こした場合は使徒の故郷である「白き月」は起動しますが、人類の故郷である「黒き月」は起動しません。 サードインパクトが起こり、人類補完計画が始まりました。

解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

シンジは、父である碇ゲンドウに再会し、そこで「渚カヲル」と出会います。 第14使徒ゼルエル戦において、初号機が覚醒した際はシンクロ率が400%を突破し、シンジがLCLと同化してしまいました。 ファンは 「エヴァに取り込まれた魂を介して、搭乗者とシンクロし動く」と考察しています。

8
解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

搭乗者コード パイロット名 搭乗機 ファーストチルドレン 綾波レイ 零号機 (プロトタイプ) セカンドチルドレン 惣流・アスカ・ラングレー 弐号機 (プロダクションモデル) サードチルドレン 碇シンジ 初号機 (テストタイプ) フォースチルドレン 鈴原トウジ 3号機 (プロダクションモデル) フィフスチルドレン 渚カヲル 弐号機 (プロダクションモデル) 4号機(プロダクションモデル)に関しては、米国にあるネルフ第2支部で、S2機関の搭載実験中の事故で消滅しました。

6
解説 エバンゲリオン 解説 エバンゲリオン

これが、「ATフィールド」の正体というか本質なわけですね。 「Gehirn(ゲヒルン)」 本編ではあまり出てくる言葉じゃないですが、ネルフの前身組織を指しています。 「白き月(アダムの卵)と、黒き月(リリスの卵)」 エヴァンゲリオンの世界では、はるか昔(約46億年前)、地球に2つの月が落下したとされ、先に南極に落ちたものが「白き月(アダムの卵)」、そして後に箱根付近に落下したものが「黒き月(リリスの卵)」だと言われています。

17