コリ 回路。 がんとは、局所的に同化が亢進し、全身では異化が亢進する代謝異常疾患である! BRIAN ENO

回路 コリ 回路 コリ

3. チロキシンは、血糖値を「上昇」させる。

回路 コリ 回路 コリ

フルクトースの代謝 フルクトース フルクトキナーゼ フルクトース 1-リン酸 フルクトース 1-リン酸アルドラーゼ DHAP 解糖へ ATP ADP グリセルアルデヒド ATP トリオースキナーゼ ADP グリセルアルデヒド 3-リン酸 解糖へ• ただ、先ほども述べたように筋肉にはグルコース-6-ホスファターゼが無いため、筋肉中でコリ回路やグルコース・アラニン回路を完結させることができません。

2
回路 コリ 回路 コリ

がんとは、 代謝異常の疾患なのである。 グルコースは血中に放出されて赤血球や筋肉で再びエネルギーとして使われる。

4
回路 コリ 回路 コリ

コルチゾールは副腎皮質から分泌されるホルモンで、血糖値上昇や血中コレステロール上昇、糖新生促進、たんぱく質異化作用を持っています。 できた乳酸は肝臓でグルコースに作り替えられ、また使われます。

回路 コリ 回路 コリ

ちなみに、筋肉は糖新生ができない臓器の代表です。 この代謝経路を「糖新生」といい、肝臓・腎臓で行われます(肝・腎のみ、糖新生の最終段階の酵素:グルコース-6-ホスファターゼをもっています)。

18
回路 コリ 回路 コリ

コリ回路では、乳酸からグルコースが産生されます。

20
回路 コリ 回路 コリ

グルコース-6-ホスファターゼは肝臓には存在していますが、筋肉には存在しません。

回路 コリ 回路 コリ

脂肪酸合成のときに、 大量の「活性酸素」が発生して 全身を酸化させ、 ほとんどの細胞を傷つける。

3