123 便 機長。 日航123便墜落事故 の事故報告書の結論、内容での矛盾、疑惑点

機長 123 便 機長 123 便

夜に録音を聞いたベテラン調査官の中から圧力隔壁の破損を考え始めた者が出始めたという。 そして、遺体は飛行機の燃料(灯油)で、何故あれだけすっかり炭化してしまったのでしょうか。

19
機長 123 便 機長 123 便

ボーイング社から派遣された調査員達も、一目で圧力隔壁が原因だと思ったと言います。 圧力隔壁の有限要素法による強度計算は、圧力隔壁に格子点をつけ、格子点を囲った区画(メッシュ)ごとに材料特性、強度などのデータを入力していく。

12
機長 123 便 機長 123 便

この事件のもつ闇の深さを示唆するに十分である。

9
機長 123 便 機長 123 便

告訴されたボーイング社は 当初から、加害者であることを否定しており、 前橋地検の不起訴判断で、無罪を勝ち取り、以降 遺族の前にその姿を 現したことはない。 当日は羽田-福岡線で363、366便でJA8119に乗務していた。 此次空難被製播為《》的「Terrified Over Tokyo」。

13
機長 123 便 機長 123 便

搭乗にはを使用せず、地上からで昇った。 当時の映像を見ても発見されるまで、 13時間もの間燃え続けていたにも関わらず周辺の木々はあまり燃えていませんでした。 更に、航空局との面談の時に、 公開質問状を提出した が、同じく無視で 一切回答はない。

6
機長 123 便 機長 123 便

その5年後には、これが「事故」ではなく、「事件」であることを私としてもより明確にする直言を出した。 何度催促しても 無視が続いている。 彼らの後ろから白バイがついてきたところをみると、警察も御巣鷹山が現場であることを知っていたとしか思えません。

13
機長 123 便 機長 123 便

山本幸男(専務取締役) - 大阪での会議に向かう途中。

機長 123 便 機長 123 便

運航部門指導教官で、、の運行資格を保有していた。 それが本書の随所に活かされている。

18
機長 123 便 機長 123 便

結局 日本航空123便墜落事故現場である、高天原山 御巣鷹山の尾根 だと判明したのは13時間後で、救出が開始されたのは日本航空123便墜落事故から14時間経った後でした。

12